Aterier Noriko(アトリエ ノリコ) * オーナーブログ
Aterier Noriko

愛知県半田市桐ヶ丘3-3-1
TEL :0569-24-5550
http://www.atorie-noriko.com/

Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Search
Favorite
Provencal Interiors: French Country Style in America
Mobile
qrcode
Profile
久しぶりの友と再会
遠くにいる友と久しぶりの再会

帰り際

何もしてあげられ無くてごめんね...ってハグして泣いてくれた

わたし...泣かないと決めていたのに
やっぱり泣いてしまった。

ありがとう。
その言葉で充分だよ
伝わってる

会えて良かった

またの再会を約束して



2018.11.14 Wednesday 20:59
独り言 comments(0)
考える事がいっぱい
退院してゆっくりなんてして居られない
色んな用事があり
その都度
考えて決めないといけない事がたくさん
自分で選んだ事が
否定的に言われたりすることもある
昨日は随分と凹んだ

今更決めたことを切り替えるって事は
また、大変な事

何を基準に考えるか?
やっぱり
自分の意思
選択...


どんな事をしても
無駄では?
と言われても...

やっぱり生きて居たい
どんな小さな事でもやらないよりは良いと思う

そう思って始めた事なんだから

やっぱり
やり続けたい

その事で
時間も縛られるし
いろんな人に迷惑かけるかもしれない

たとえそれがほんの少しの延命かもしれないけど...

頑張ってみたい

後悔したくないから


2018.11.13 Tuesday 12:00
独り言 comments(2)
皆んなに感謝
昨日の退院は仲良しのお友達が2人で病院までお迎えに来てくれました。

主人の仕事が凄く忙しく休めなくて
本当に有り難かったです。
帰りにランチに連れて行ってもらいました。







病院食にほとほと飽きていたので
美味しかった事...



今日は名古屋からゆみちゃんが来てくれました。

ランチに連れて行ってくれて
買い物も行ってくれて


何と
今夜の献立
肉巻きまで作ってくれました。





春巻きの皮もあったから
枝豆とチーズを入れて
さっさと作ってくれました。

皆んな
ありがとう。

素直に嬉しい
助かりました。

ありがとう


2018.11.10 Saturday 19:35
独り言 comments(0)
有難いご縁に感謝



今日...私が入院する病棟まで足を運んでくださった
名古屋ALSの会でご縁を頂いた
同じ病気
ALS患者のIさんです。

今の私の状況を経験されたからこその思いやりを強く感じ
感謝です。

病気の先輩ではなくて
人生の先輩だと思っています。

こうして同じ想いを共感できる人が側にいてくださるという事
どれだけ心強いことか...

家族でもわからない事が
共感できるって有難いです。

ありがとうこざいました。


2018.11.08 Thursday 20:16
独り言 comments(0)
明日退院します
16日間の入院生活も終わり
明日退院します。

家族から離れての1人の時間は貴重でした。

沢山の事を考えて
沢山の涙を流し

沢山の出会いもあり
沢山の言葉を頂き

今は気持ちも落ち着き
明日は笑顔で退院して

家族の元に帰ります。

主治医の先生から頂いた言葉

今を生きる

まだまだだけど
少し
その言葉の方を向いて歩ける気持ちになりつつあります。

今まで
先の不安ばかりしていて
今ある幸せには全く気がつかないで過ごしていました。

勿体ないですね。
明日からは気持ちを切り替えて
生きたいと思います。

色々とご心配をおかけしましたが

元気です。
ありがとうこざいます。


2018.11.08 Thursday 19:06
独り言 comments(0)
先生...ありがとうございます。
昨日
消化器外科の先生に呼ばれた
胃ろうは少しでも早くした方が良い
胃ろう手術の時に
気管支切開となる可能性が高い
気管支切開となると
食事も口からは食べれない
言葉も喋れない

自分ではまだまだ...だと思っていたから
気管支切開は望まないし
延命はしないと決めている

急に
言われても
受け入れられない

ならば
胃ろうもしないでおこうか?

ぐるぐるといろんなことが頭に巡って
涙が滝のように流れて...
ちょうどその時に主治医の先生が来てくださって...

夜も7時半過ぎていたのに
私が泣き止むまでじっと待ってくださって
沢山
私がわかるように説明してくださって
人には皆
寿命がある
それは誰にもわからない

人には限りがある
だからこそ 今を生きて欲しい...

わかっているつもりで居たけど
あまりに急ピッチで進んで行く事が
受け入れられない

ただ
ただ
泣く事で発散してる
昨夜は泣き過ぎて
頭が痛くて何度も目が覚めた

長い夢?
なら良いなって思いながら朝を迎えた。
先生の言葉は
今の私にはまだまだ受け入れられるには時間がかかりそうだけど

深く
深く
心の中まで入っています。

先生に出会えて
良かった。
ありがとうございます。


2018.11.06 Tuesday 20:20
独り言 comments(0)
パパ...ごめんね。
週末の外泊...

9日ぶりの自宅での時間...

私は私で色んなことを考えていた

でも...家族もそれぞれ同じように考えていたようだ

特に主人は...
病人の前でそんな事言わないで...って言うくらい

ママが居なくなって
あかねがお嫁に行ったら
僕は1人...
あーちゃん
パパと暮らそうよ

1人じゃあ生きていけない
今までママがなんでもやってくれてパパはどうやって生きていけば良いんだ?

あーちゃん
頼むから
遠くに行かんでくれよ...


そのときは
私も
また...そんな事言わないでよ
なーんて
何時もの調子でバカな事を言ったりしていたんだけど...

その後

涙がこれでもかと言うくらいに溢れてきてしまった

私は病院での1人の時間の中で
これからの事をじっくり考えて

運命なんだ
受け止めなくちゃあ

人は誰でもいつか死ねんだ
私だけじゃない

そう言い聞かせては涙しながらの時間を過ごしていたのだけど

主人は私の居ない時間を過ごして
やがてくる時をまだまだうけいれられないでいる

病気になって
苦しいのは私だけじゃない
って事が

こんなにも悲しく
辛いものだと言う事を強く感じた時間でした。


でも...
パパ
受け入れないと前には進まないんです。
本当は私より強くなって
私を大きく包んで欲しいのだけど...

まだまだ
時間がかかりそうだね。

大丈夫...
まだ時間はある

パパはあかねのパパなんだから
きっと乗り越えられるよ。

頑張ろ

ありがとう

ごめんね。


2018.11.05 Monday 07:33
- comments(2)
進んでます
リノベーション始まって2ヶ月

9日間
留守の間に随分と進んでます

まずはお風呂



私の体力が落ちて来ても対応出来るようにと仕様を選んでくださったお風呂
床は畳の様な感じで
シャワーも座って出来ます

壁もシックな茶系

暖炉設置場所周りも後は天井を外して
吹き抜けにします。



台所部分も入院する前に変更して頂き型になって来ました。


後1週間で床が貼れるそうです。

これから沢山の事
壁紙
ドアの色
などなど

決めていきます。

大変だけど
楽しんで出来たら良いなって思っています。


2018.11.04 Sunday 13:57
独り言 comments(0)
お家が一番


やっぱり
お家が一番

ベッドも最高

なんでも無い事なんだけど

凄く
幸せ

次の週末は家で過ごせる予定


2018.11.04 Sunday 12:09
独り言 comments(0)
外泊
手術したところだけど
無理言って外泊許可もらいました。

そのかわり
無理はしないでくださいって

お風呂もダメ...だそうです。

ちょっと
気分転換になれば良いなぁっておもいます。

痛みどめ飲んだし...
おやすみなさーい


2018.11.02 Friday 21:07
独り言 comments(4)
1/165PAGES >>