Aterier Noriko(アトリエ ノリコ) * スタッフブログ
Aterier Noriko

愛知県半田市桐ヶ丘3-3-1
TEL :0569-24-5550
http://www.atorie-noriko.com/

Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Search
Favorite
Provencal Interiors: French Country Style in America
Mobile
qrcode
Profile
<< ドジな私でした。 main 森クリニック >>
泣ける
昨日
家族3人で日本ALS名古屋支部総会に出席しました。

顔なじみのALSの方や家族
また、名大病院の先生の講演

元FC岐阜の恩田さん

沢山の方達にお会いした。

そこにはそれぞれのALSの家族があり
その中で私達家族も含まれていて

最後に20年近くこの病気と共に生きている女性が私にコメントしてくださった。
私の想い
悲しみ
それを家族まで巻き込んではいけない...

決めるのは本人だから

この言葉は今の私にとってはとても辛かった
悲しかった

でも
現実は本人の私が強くなって
自分の意思で歩む事なんだ

今の私は呼吸器は付けないと言ってはいるけど
どこかで家族にそれを止めて生きる選択をして欲しい
と言って欲しいと思っているのかもしれない

数日前に私のブログでコメントをくださった
ジェットシンさん
奥様がALSで呼吸器を付けて施設に入られている

そのご夫婦の一人娘ちゃん
サキちゃん

彼女だけ見ていると
とてもALSの母
自分の名前も読んでくれる事も出来ない母を支えているなんて
と言うくらい
笑顔が可愛くて
理知的で
人懐こくて

そのサキちゃんに私は
お母さんが人口呼吸器を付けて
良かったと思いますか?
って質問したのです。

サキちゃんは言いました。

私の励みは母で
母の励みは私です。

あの時の私...
ずっと忘れません。


そんなサキちゃん
昨日はお父さんと参加してみえました。
たまたま私の前の席に座ってみえて
名大病院の先生の講演を聞きながら沢山メモを取っていました。

その姿がまた、私の涙を誘いました。
可哀想とかじゃ無いのです。
家族の形
家族の愛が見えて




サキちゃんは受験生
福祉関係の大学を目指していると話してくれました。


ALSの母の娘である事も運命
その事によって
辛い悲しい事ばかりでは無く
サキちゃんや私の娘にしかわからない
心の葛藤がこれから先の若き二人の道には
きっときっと
幸せが待っていると信じています。

あー
沢山泣いたなぁ


2018.06.04 Monday 21:48
独り言 comments(0)
comment




/PAGES